ミスサイゴン観てきました 

帝劇のミスサイゴンを観てきました。
豪華な演出で良かったです。
有名な実物大軍用ヘリの降下シーンも迫力がありました!



本日のキャストの方々。
前日にエンジニア役の市村正親さんが病気降板の報道があったので、劇場入口にTVのカメラが来てました。
代役は筧利夫さんなんだけど、筧さんのも観てみたかったかな。
でも7月いっぱいは当初からのダブルキャストの駒田さんらしい…という情報も得たりで。
筧さんは前の公演でエンジニアを演じていたそうですが、演出変わってるしね。



今回のチケット、入手に至るまでに少々事情かありまして…
元々近くに住む観劇好きの叔母のチケットだったのですが、こちらも奇しくも市村さんと同じく!?前日に会社で重い荷物持ったら腰を痛めて行けなくなって、急遽誰か~!と我が家に呼び掛けがあって、姉の母は友達との約束があったので、たまたま脱稿したばかりで余裕があった私が行くことになりました。
帝劇行く前にチケットもらいに叔母の家に寄ったら思ったより元気そうで良かったです。

というわけで、何の予備知識もなく観に行ったのですが…
正直第1幕はわかりにくかったです。
ベトナム戦争をあまりよく知らないからかな…帝劇のミュージカル見慣れてないからかな…と思ってたら、周囲からもざわざわと一回観ただけじゃわからない、とか声が聞こえてきたので、ああそういうものなんだと思ったりで。
でも第2幕になったら次第に理解が進んできてとても時間が短く感じました 。
悲劇なので見終わった後にぐぬ…となるのは仕方がないかなと。

カーテンコール後に駒田さんから市村さん降板についてのコメントがありました。
その時は観客席総立ちで拍手でした。
[ 2014/07/30 08:46 ] 映画/DVD/観劇 | TB(0) | CM(0)

テンペスト観て来ました 

久々に観劇してきました。

赤坂ACTの堤幸彦演出テンペストです。


琉球王朝の終焉の話で、キャストがTVで観る人が殆どな感じで。
感想を一言で言ってしまえば「とてもわかりやすい舞台」でした。

堤さん演出なんで、ふんだんに映像が使われていて、状況説明を度々それでしてくれるので。

役者さんで良かったのは、やっぱりなんと言っても生瀬さん。生生瀬(笑)
琉球王の姉で巫女(悪役)という役柄なんですが、そもそもが全然女性として演じてなくて。
どう見ても煌びやかな格好したおっさん。
でも、怪しさいっぱいで、ギャグもあったし楽しかったです。
巫女なので予言とかするんだけど、「2011年に白と黒の大熊猫が日本にやってくる~しかも全日空と書かれた運ばれてきた乗り物も白と黒…」とか前日の騒動ネタをやって、ウケてました。
まさにその日しか出来ないネタ(笑)
西岡徳馬も良かったです。
何役もやってたんだけど、悪役が一番良かった。ってこれがメインの役か(^^ゞ

後の役者さんは、無難にしっかり演じてたけど、役を膨らませるというところまでは行ってないかなぁ。
主演の仲間由紀恵は、3時間出ずっぱりで頑張ってたけど、それ以上の余裕はやっぱりまだなくて。
カーテンコールもいっぱいいっぱいだったしなぁ。
山本耕史は、ちょっとセリフかんだところわかっちゃった(´゚∀゚`;)誤魔化してたけど。
役どころ的に幕末の武士なんで、ラストに洋装で出てくるところは土方さんを思わせたり…?
安田顕はそれまで及び腰のキャラだったのが、ラストで急に激しい人になっちゃって…あれっ、みたいな。
脚本のせいかもしれないけど。

全体的に、この登場人物に思い入れる、とか、感動するタイプの演劇ではないです。
TVの人気者の役者さん達を生で観るショー、みたいな感じかな…?
なので、演劇通の人が観たら足りない部分はいっぱいあるかもしれないけど、ショーとしては楽しかったです。

[ 2011/02/23 13:17 ] 映画/DVD/観劇 | TB(0) | CM(0)

ポニョ観た。 

崖の上のポニョ [DVD]崖の上のポニョ [DVD]
(2009/07/03)
不明

商品詳細を見る


ポニョ観ました。

結構はっきりした感想を持ちました。
きんぎょ好きには可愛い映画だったけど、オスカーノミネートを逃したのは、わかるかなぁと(笑)

きんぎょ好きには本当に可愛い映画なんですよ。
きんぎょの動きとか、やっぱりミヤザキ監督、すごく研究してるなぁと思って。
ウチの金ちゃんがあんなふうに出てきたら、楽しいだろうなぁと思ってしまった(;^ω^)

ただ、ポニョ役の女の子が試写見てポカンとしていた?という話が伝えられるように、どうしても、大人…とゆーかおじいさん世代?の人が子供目線で作ろうとしている感が否めなくて。
それと、出てくる登場人物が皆、同じベクトルでいい人達なんだよなぁ。
個々の個性が薄いってゆーか。

これ、米国人にはウケないだろうなぁと思ったのは、日常描写にえらい尺を取って、物語の本筋が見え辛かったんじゃないかな、と思いました。
肝心のクライマックスも、あまりにあっさり解決してしまったし。


そうそう、ポニョ達が乗っていた船の走行原理が知りたいです。
昔のオモチャなんでしょうか?
暖めて空気の力で推進するの??

すっごく気になった(笑)

それと5歳の男の子がマッチを上手く擦れるのも気になった(笑)
[ 2010/02/07 04:05 ] 映画/DVD/観劇 | TB(0) | CM(0)

アバター3D、観て来ました。 

お仕事をひとつ入稿したところで、今公開中の映画、アバターを観て来ました。

レイト割引とかなにも適用されないけど、正月だけに?奮発して3Dで観て来ましたー
まず、受付で80年代のサングラスのような眼鏡を受取り(これはもらえる…つまり、通常の観賞料プラス300円で買ったとゆーことか。)劇場内へGO!

3D映画って初めて観たけど、基本的にディズニーリゾートのアトラクションと一緒ですね。

昔観たキャプテンEOとかはもっと手に届くところにファズボールとかが来たかと思ったけど、意外とそうではなくて、
映画の枠まで、というのが今回の3Dの印象。

ただ、奥行きとかは凄くて、アバターという別の惑星の自然を表現したりするのには、良かったのではないのかな。

あと、3Dは劇場内の真ん中の席から観た方が良いというのがあって、私は直前に行ったので、ちょっと右寄りの席になってしまったんだけど、やっぱり、微妙でも真ん中に近い方に体を寄せると、見え方が違う~!

映画のストーリー的には、正直、3Dでなければ物足りなさを感じるとゆーか、まぁそんな感じかな。
もっと短ければいいのになぁー

でも、3D映像をここまでたっぷり観たのは初めてだし、それだけで充実な気分を味わえる映画でした。

[ 2010/01/06 13:27 ] 映画/DVD/観劇 | TB(0) | CM(0)