5年目の3.11 

あの日から5年が経ちました。
早いですね。

3年目くらいまでは私の中で3.11前と3.11後は戦前戦後くらいのギャップがあって、平和だった頃とその後みたいな分け方だったんですけど、だんだん今の日常が普通になってきて、前後の隔たりがなくなってきました。
でも、あの時に体験したことを忘れないように、関連番組などはなるべく観るようにしてます。

去年の夏、那須の叔母の家の庭の除染に立ち会いました。
11666303_870149519731276_4485775730243220290_n.jpg

草を全部駆って、表土を袋につめます。

1499655_870671206345774_1536154562539524599_n.jpg

そしてこの袋を庭の奥深くに埋めました。

これ以降、北関東から東北に旅行に行くときに道中でこの袋を見かけると、除染してるんだな、と思うようになりました。

そして、早く被災された皆さんにも、前と後の壁が薄くなるような日が訪れると良いなと思います。


ところで、この漫画は実は2011.3.11当日に描いていたものです。
(リニューアル前のHPにUPしていた試し読み)
<お読みになる場合はこちらから>
余震が続く中、何でこんな時期に停電ネタなんて描いてるんだとか(ネームOK貰ったのはもっと前だったので)葛藤もありつつ描いてました。
でも編集サイドからはスケジュール変わらないからとにかくあげろと言われていて。
さすがに当日は余震が酷くて手元が安定しなくてペン入れ出来なくなり、いつものように朝まで仕事しないで、途中で切り上げて布団に入ったことを思い出します。
足元に何かあったときの脱出用の靴を置いて…

家が新しくなったので、当時使ってた机も、余震で眠れない時間を過ごしたベッドももうありませんが、記憶だけは褪せずに残るものだと思います。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gokukin.blog74.fc2.com/tb.php/1576-d4a8b200